ガラスコーティングとポリマーコーティングの違いについて

車に対しては、しばしば光沢感が求められます。独特の光沢感がある方が、車の見た目が良くなると見なされる事も多いからです。確かに客観的に見てみても、光沢感がある方が良い雰囲気の事も多いです。
ところで車の見た目は、コーティングによってだいぶ変わる傾向はあります。もしも車の見た目をよくしたいと思うならば、ガラスコーティングなどは前向きに検討してみると良いでしょう。それは車の見た目を好転してくれる効果は、それなりに大きいからです。
現にガラスコーティングを行えば、確かに車の表面部分から光などが発せられるようになります。その光によって、細かな汚れが隠される効果もあるのです。ですからガラスコーティングは、メリットは大きいのは確かです。
ところでガラスコーティングというのは、他の手段と比較される事もよくあります。とりわけポリマーと呼ばれるコーティングと比べられる事は多いですが、それは紫外線に関する特徴があるのです。
まずポリマーというのは、ガラスコーティングよりもメリットが大きいと評価される事もたまにあります。というのもポリマーの場合は、ツヤを生み出してくれる力が比較的大きいからです。上記でも触れた通り、ガラスのコーティングもそれなりの光沢感を生み出してくれる力はあります。しかしそれと比べると、更に際立った光沢感が生じるのは、ポリマーの大きな特徴と言えるでしょう。ですから見た目を重視する方々にとっては、ガラスコーティングよりはポリマーの方が良いとの意見も目立ちます。
ところでポリマーには、1つ弱点があるのです。どういう事かというと、酸化しがちだからです。
そもそも車の表面の状態は、刻一刻と変化しています。変化する要因も色々とありますが、紫外線などはその1つです。やはり車に対しては、どうしても太陽の光が当たるのはやむを得ない一面はあるでしょう。それで太陽の光の中に含まれる紫外線は、残念ながら車を酸化させてしまう働きがあるのです。
それはポリマーに対しても、あまり良い影響はありません。つまり太陽の光が当たる時間が長ければ、ポリマーが使い物にならなくなってしまうのです。ですからポリマーというのは、実はあまり耐用年数は長くありません。適度な頻度で、メンテナンスなどは行う必要があります。
ところでガラスコーティングは、ポリマーとは性質が大きく異なります。上記でも少し触れた通り、それは車の光沢感を高めてくれると共に、保護をしてくれる効果もあるのです。
それでガラスコーティングというのは、そこまで紫外線に弱いものではありません。少なくともポリマーと比べれば、紫外線の影響は受けづらい傾向があるのです。
現にガラスコーティングは、耐用年数もポリマーよりは長めになります。コーティングによっても異なるのですが、数年程度は使い続けられる傾向はあります。それに対してポリマーは、比較的短い期間で光沢感が弱くなってしまう傾向があるのです。ですからポリマーというコーティングは、意外と手間も大きい訳です。
このように紫外線に強いという性質は、ガラスコーティングの大きなメリットと言えるでしょう。まして紫外線というのは、間接的に車の耐用年数にも関わってきます。車が酸化してしまえば、それだけ老朽化が進んでしまう事になるでしょう。最終的には、車の資産価値が下がってしまう事もあります。
しかしガラスコーティングで保護をしておけば、車も酸化しづらくなりますから、価値も下がりづらくなるとは見込まれるのです。せっかく新しい車を購入した時などは、できるだけ長く使い続けたいと思う事もあるでしょう。そういう時は、ポリマーよりはガラスコーティングがおすすめと言えます。
車を購入してから綺麗に保つ為に必要な事、車のケア。
ケアをしているのとしていないのではかなりな差が生まれると思います。
特に、私の住んでいる地域は海が近くにあるので、潮風ですぐに汚れてしまいます。
ただ汚れてしまうだけで無く、潮風ですのでケアをしていないと傷み始めるのが早く、錆びてしまっている車を良くみます。
ただ、ケアと言っても色々なものがありますよね。
洗車だったりワックスがけだったり。
自分でするのか専門の方に頼むのかでも違ってきます。
専門の方に聞いた所、ガソリンスタンドにある様な簡単なスピード洗車ですと逆にボディを傷めてしまう事もあるそうです。

それから自分でワックスがけや洗車をしている方も多いかと思いますが、上手にやらないとまばらになってしまったりと逆に汚く見えてしまう事もあるそうです。
そこで私のお勧めするケア方法は、家の近くの専門店で新車を購入する事をお勧めします。
メーカー専門店では買った車を綺麗に使ってもらい、また買い換える時になるべく良い状態で下取りに出して欲しいと思っているので、アフターケアが充実しています。
なので洗車やワックスなどは定期的に近くの専門店でプロの方がやってくれています。
もちろん毎回、無料です。
アフターケアを考えたら新車の方がお得だと思いますので、是非参考にしてみてください。
ガラスコーティングを施工すると撥水効果が得られ洗車が楽になります。また、ワックスが不要です。

洗車はいかに優しくボディを洗い上げるか
洗車をしたものの、慣れない人だと洗車キズがついてしまい、夜になると光の反射で目につくのが気になるってことが結構あります。

洗車キズがつかないように洗車をするコツは最初の水洗いとシャンプー時のスポンジの使い方です。
まず最初の水洗いですが、十分すぎるってぐらいまでして、汚れを完全に水で落としきるぐらいのつもりがベストです。もちろん上から横、下って感じで水の流れに逆らわないようにしてください。

一通り終わるとシャンプーを使うわけですが、ここで重要なのがスポンジの使い方です。
この時も基本的に上から横、下って感じで上から順番に洗いますが、下は注意してください。
いくら水洗いをしてもボディーの下側は汚れがこびりついてることが多く、目にみえない大きさものが沢山ついてるからです。
上と横を全部終えてから下に移行するのがベストです。パーツごとに洗ってると下のほうも途中で洗ってしまったりしますが、これをすると下を洗った時にスポンジに汚れが付着してしまうので、他を洗うと、汚れをつけたスポンジでガシガシボディを擦ることになり、洗車キズが沢山ついてしまうので下は本当に要注意です。

洗い方のソフトタッチですが、スポンジにたっぷりの水分を含ませてボディー上をすべるように洗います。
バケツにシャンプー液を作っておいたとして、2杯分ぐらいは使うぐらいをめどにしてください。3杯目をつかってももちろんOKですが、それぐらい水分たっぷりのスポンジを使うってことを意識してください。決して擦ったりしてはいけません。

次に足回りですが、ホイールの洗車を行う時はそれまで使っていたスポンジや前回ボディ洗車に使ったのもでもOKなので、ハサミで小さいサイズに切り分けたスポンジを使うのがお勧めです。
今回使ったのだと湿っていて切り分けにくかったりするので、おいておいて次のホイール洗車に使うって感じがお勧めです。
小さく切り分けておくとホイールの狭い所まで届きますし、切り分けることによりスポンジの数が増えるので汚れてきたら次のスポンジって感じでどんどん別のに切り替えていきます。
こうすると汚れの少ないスポンジをガンガン使っていけますし、洗いやすいし経済的ですよね。

この後ワックスをかけたりコーティングをしていくかになるんですが、その下地が汚かったら意味がないので気をつけて洗車をしてください。
カーフィルムの施工は断熱カットフィルム(IR+UV)がオススメです。

PR|看護師 転職|ポルシェコーティング看護師求人ランキング|ネットショップ 開業|海外バイナリーオプション|FX 為替|エステサロン|看護師求人|育毛剤|メルセデスベンツオーディオ全身脱毛|パイルバンカー即時登録リンク集BMWバイクコーティンググレートウォール相互リンク集|FX 自動売買ソフト|SEOアクセスアップ相互リンク集|ガラスフィルムオラトリオ自動登録リンク集|ハシエンダ自動相互リンク|超SEO対策|お家の見直ししま専科|副業ランキング|お小遣いNET洗車用品販売