カーワックスの魅力と効果

カーワックスの魅力
今日は自分が考えているカーワックスの魅力についていろいろとお話をしていきたいと思います。
カーワックスの魅力についてですが、なんといっても光沢が生まれるっていうところではないでしょうか?
光沢が生まれるってことは、車がピカピカになっているっていうことです。
そういう車っていうのは、人に自慢できたりすと思っています。
自分はそういうことをやってみたくて仕方ありません。
それができるのはカーワックスだと思っています。それこそ魅力なんだろうと考えています。
カーワックスにはいろんなタイプのカーワックスが今はあります。
匂いのするカーワックス、しないカーワックス。
液体のカーワックス。固形のカーワックス。本当多く存在しています。
どれを買えばいいのか迷ってしまうほどですが、選ぶ楽しさはここにあるんだろうと考えています。
カーワックスは日本だけではなく、海外でも使われています。
アメリカのカーワックスも買えますし、本当面白いと考えています。

カーコーティングのメリット
車に対しては、時には薬剤などが使われる事もあります。時には、車の洗浄などを行う事もあるでしょう。

そうでなくても、全く予期せぬタイミングで薬剤がかかってしまう可能性もあります。例えば誰かがうかつに薬剤をこぼしてしまい、それが車にかかってしまう事もあるでしょう。
それで問題は、薬剤による車へのダメージです。そしてガラスコーティングには、そういった薬剤に対する耐久力の特徴があるのです。

もしも薬剤による影響が心配な時には、ガラスコーティングを検討してみるのも悪くないでしょう。ちなみにそれは、ポリマーよりはおすすめと言えます。
まずガラスコーティングの一番のメリットですが、車を保護してくれる力です。そもそも車に対しては、何かが衝突する可能性は大いにあります。車を運転していたら、ちょっと一部分を擦ってしまう可能性もあるでしょう。そうかと思えば石が飛んできて、車に衝突する事もあります。また車に対して汚れなどが付着しづらくなる効果も、ガラスコーティングにはあるのです。

このように様々な保護効果があるガラスコーティングですが、上記でも触れた薬剤も例外ではありません。というのもそのコーディングは、耐薬品性の効能もあるからです。
つまりコーティングを施しておけば、予期せぬタイミングで薬剤がかかってしまったところで、大きなダメージが生じるのを防ぐことができます。何せ薬剤によっては、車に対して大きな被害を引き起こしてしまう事もあります。当然それは良くないですから、ガラスコーティングを行っておくのは、大いに意味があるでしょう。

ところでカーコーティングは、何もガラス系だけではありません。その他にも、ポリマーという手段もある訳です。
そしてポリマーは、確かに車の見栄えを良くしてくれるメリットはあります。その施工を行った後には、車に独特の光沢感が生まれることも多く、ガラスコーティングよりもツヤの見た目が良いと評価される事も多いのです。

それは良いですが、問題はポリマーの耐久力です。そもそもポリマーというのは、若干繊細な一面があります。他のコーティングと比べると、ちょっと損傷が発生しやすい特性があるのです。
例えば飛び石による影響です。やや傷がつきやすい性質があるのは、ポリマーのデメリットとは言えるでしょう。

それだけではありません。実はポリマーというのは、ちょっと薬剤に弱い性質があるのです。
とりわけ注意を要するのが、アルカリ性の薬剤です。使われる薬剤が中性ならば良いですが、必ずしもそれが使われるとは断言できません。
まして予期せぬタイミングでかかってしまう薬剤は、アルカリ性の可能性も大いにあるのです。それはポリマーが剥がれてしまう原因の1つになります。薬に若干弱い点は、ポリマーのデメリットと言えるでしょう。

それに対してガラスコーティングというのは、上記でも触れた通り薬に関する耐性があります。したがって車体を薬の悪影響から保護したい時には、やはりガラスコーティングがおすすめと言えます。

ただし、1つ注意点もあります。普段から洗車で使っている薬剤は、アルカリ性にするべきではありません。

上記でも少し触れた通り、薬剤は多彩なpH値が考えられる訳です。それでガラスコーティングというのは、ちょっとアルカリ性に弱い一面があります。ですから普段から洗車時に使っている洗剤がアルカリ性ですと、ガラスコーティングに悪影響が生じてしまう訳です。当然それは、望ましくないです。

せっかくガラスコーティングの施行を行った以上は、できるだけ寿命も長くしたいものです。それだけに、あまりアルカリ性の洗剤などは使わない方が良いでしょう。それよりも水洗いや手洗いの方が良い事もあります。