自動車のコーティングについて

ガラスコーティングの施工を行うシーズンはいつ頃が良いか
何かの施工を検討する段階では、よくタイミングがポイントになります。専門的な施工を検討しているものの、果たして今すぐに行うべきかどうかが心配な事もあるからです。
ちなみに施工の内容によっては、確かにタイミングに左右される一面はあります。最適シーズンに施工を行わない事には、仕上がりに難が生じてしまう事もあるからです。ですから最適シーズンは、ある程度考える方が良いでしょう。

ところでガラスコーティングを検討する時にも、そういう問題が気になる事はあります。特に冬などは、果たしてそれを行うべきかどうか気になる事もあるのです。
基本的に冬は、カーコーティングはあまり向いていないタイミングとは言われています。なぜならそのシーズンは、あまり状況は良くないからです。

例えば冬の時期には、道路に対して融雪剤がまかれる事も多いのです。それで融雪剤の中には、カーコーティングに対してあまり良くない物も含有されています。現にポリマーのカーコーティングに対しては、融雪剤は悪い影響を及ぼしてしまう傾向はあるのです。ですからポリマーの施工を検討するなら、ちょっと冬は避ける方が良いでしょう。
ではガラスコーティングはどうかと言われれば、正直微妙な一面はあります。ただ専門業者に任せる場合は、冬でも問題ない事は多いです。

そのガラスコーティングが融雪剤の影響を受けるか否かも、施工内容次第と言えます。丁寧に施工が行われていた時には、融雪剤による悪影響も受けづらい傾向はあるのです。
逆にDIYなど自力の手段でガラスコーティングを行ってしまいますと、あまり仕上がりが良くない事もあります。ですから融雪剤の悪影響を受けてしまう確率は、高まるでしょう。
また夏の時期なども、実はガラスコーティングは避けた方が良いと言われる場合があります。なぜなら、湿度の問題があるからです。

そもそもコーティングというのは、湿度とは密接な関連性があります。あまり湿気が多い状態ですと、仕上がりも悪くなってしまう傾向があるのです。
それでガラスコーティングを行う作業環境も、色々な状況が考えられます。必ずしも湿気が少ない場所であるとは、断言できないでしょう。特に自力でガラスコーティングの施工を行う時などは、自宅はやや湿気が多い事もあります。それではガラスコーティングに悪影響が生じてしまう確率も高まるのです。

逆に専門業者にガラスコーティングを行ってもらう時には、それも問題ないケースも多いです。というのも専門業者は、やはり湿気などにも十分に気を使っています。しっかりとした作業環境を整えている専門業者でしたら、自力のガラスコーティングよりは湿度の影響を受けづらくなるでしょう。

結局は、ガラスコーティングはタイミングは重要とは言えます。少なくとも自力で施工を行う分には、湿度が高めな時期や冬などは避ける方が良いでしょう。どうしてもトラブル発生率は高まってしまう傾向があります。
逆に専門業者にガラスコーティングを行ってもらう時には、特にそれを気にする必要もない事も多いです。やはりノウハウが多い業者でしたら、施工の環境に関して気を使ってくれます。無難な施工を行ってくれる事は多いですから、業者に任せる分には特に問題ないとは見込めるでしょう。

ただし、やはり業者も選ぶ必要はあります。専門知識が多い業者なのかどうかは、きちんと見極める方が良いでしょう。

いずれにしてもガラスコーティングは、できれば「冬」や「湿気の多い」時期などは避ける方が無難ではあります。施工環境に関する懸念点があるタイミングではなく、別のタイミングでガラスコーティングを行ってあげる方が、無難とは言えるでしょう。。自分が見つけたカーフィルム専門店やボディコーティング専門店で伺うのもひとつです。

 

PR|レクサスガラスコーティングならスバルのガラスコーティングは