本革レザーシートコーティングについて詳しく調べてみました

PR|カーセキュリティならカーラッピング施工

本革レザーシートは本革と合皮革があります。紫外線による劣化や摩耗によりレザーシートは徐々に劣化していきます。
最近のレザーシートは高級輸入車の普及によって本革使用の車が増えてきたようですね。
その本革シートも使用しているうちに徐々に劣化してしまいます。
せっかく高級感がある本革シートも台無しになってしまいます。

なぜ劣化するのでしょうか?それは紫外線による劣化。摩擦による劣化。汚れによる痛み。など多くの劣化する要因によって劣化してしまうのです。

10数年経過した車の本革シートは著しく劣化しているケースがありますね!
しかも本革シートの高級な素材は、柔らかい革で素材そのものがダメージに弱いというデメリットがあるからなのでしょう。
一度劣化してしまうと再生が困難なために張替をするケースも多いようです。
では、劣化しないようにすることは可能なのでしょうか?

まずは、紫外線をカットできるカーフィルムをおすすめします。
紫外線による劣化はダメージも大きく色が褪せてしまったりすることもあります。
可能ならば窓全体にフィルムを張ることをおすすめします。ちゃんとしたプロショップのフィルムがいいですよ!!

そのほかにもダメージの大きい劣化の代表は汚れと摩擦です。この汚れは取り除かないと汚れに沿ってひび割れが起きていきます。汚れはアルカリなのでほっておくと大変なことになりますね。

あともう一つの摩擦!これは厄介ですね~~ガタイの良い人が乗れば乗るほど摩擦は強くなるので意識していないで乗車を繰り返していると摩擦で表面の塗料や生地が剥がれかけていきます。要注意です。

私の知っているジャガーオーナーの方は、ジャガーの本革はアイボリー系が多いので汚れは目立つし、本革も柔らかいので劣化がとっても早いです。上手に乗っている人は一枚座布団のようなクッションを敷いて乗っていますよ!

ご参考にしてください~~